目次

このブログでは、ポケモンダブルバトルの構築記事を取り扱っております。

f:id:sgHe1ka:20190816142700j:plain

絵はフォロワーさんに描いていただいたものです。

ガラルダブル

記事 ポケモン 使用時期 順位
ギガドリドラパ f:id:sgHe1ka:20200605201057p:plainf:id:sgHe1ka:20191207163623p:plainf:id:sgHe1ka:20191207162101p:plainf:id:sgHe1ka:20200104063147p:plainf:id:sgHe1ka:20200302211657p:plainf:id:sgHe1ka:20200104063154p:plain INCApril May -
デスホルード f:id:sgHe1ka:20191207162101p:plainf:id:sgHe1ka:20200104063147p:plainf:id:sgHe1ka:20200606112259p:plainf:id:sgHe1ka:20200606112309p:plainf:id:sgHe1ka:20200606114742p:plainf:id:sgHe1ka:20200606112316p:plain ガラルダブルS6 -
バンドリ武者 f:id:sgHe1ka:20191207163621p:plainf:id:sgHe1ka:20191207163623p:plainf:id:sgHe1ka:20191207162101p:plainf:id:sgHe1ka:20200104063147p:plainf:id:sgHe1ka:20200302211657p:plainf:id:sgHe1ka:20200606114311j:plain ガラルダブルS3 -
ドラパキッスカビ f:id:sgHe1ka:20191207162101p:plainf:id:sgHe1ka:20200104063147p:plainf:id:sgHe1ka:20200104063238p:plainf:id:sgHe1ka:20191207163623p:plainf:id:sgHe1ka:20200104063154p:plainf:id:sgHe1ka:20200104063200p:plain ガラルダブルS1 最終82位

全国ダブル(SM, USUM)

記事 ポケモン 使用時期 レート
ミロルップ♪ f:id:sgHe1ka:20190816030006p:plainf:id:sgHe1ka:20190925204257p:plainf:id:sgHe1ka:20190317085904p:plainf:id:sgHe1ka:20190816002609p:plainf:id:sgHe1ka:20190816031633p:plainf:id:sgHe1ka:20190113220121p:plain 全国ダブルS16 1806
脱出砂 f:id:sgHe1ka:20190113220119p:plainf:id:sgHe1ka:20190113220049p:plainf:id:sgHe1ka:20190113215951p:plainf:id:sgHe1ka:20190113233718p:plainf:id:sgHe1ka:20190113220121p:plainf:id:sgHe1ka:20190114003552p:plain 全国ダブルS13 1808
(メガ)バンドリ f:id:sgHe1ka:20190113220119p:plainf:id:sgHe1ka:20190113220049p:plainf:id:sgHe1ka:20190113215951p:plainf:id:sgHe1ka:20190114203903p:plainf:id:sgHe1ka:20190113220121p:plainf:id:sgHe1ka:20190114210844p:plain 全国ダブルS11 1806
バンドシマンダ f:id:sgHe1ka:20190113220119p:plainf:id:sgHe1ka:20190114043331p:plainf:id:sgHe1ka:20190113215951p:plainf:id:sgHe1ka:20190114042627p:plainf:id:sgHe1ka:20190114043039p:plainf:id:sgHe1ka:20190114042927p:plain 全国ダブルS10 1809
Lv42スカーフゲコ f:id:sgHe1ka:20190317090009p:plainf:id:sgHe1ka:20190113215951p:plainf:id:sgHe1ka:20190317090021p:plainf:id:sgHe1ka:20190113220119p:plainf:id:sgHe1ka:20190317085904p:plainf:id:sgHe1ka:20190113220121p:plain 全国ダブルS10 15xx
マンダアシレ輪唱 f:id:sgHe1ka:20190114031544p:plainf:id:sgHe1ka:20190114165009p:plainf:id:sgHe1ka:20190113215951p:plainf:id:sgHe1ka:20190114165025p:plainf:id:sgHe1ka:20190114164729p:plainf:id:sgHe1ka:20190114042927p:plain 全国ダブルS9 1850
バンドリマンジャロ f:id:sgHe1ka:20190114031544p:plainf:id:sgHe1ka:20190113220049p:plainf:id:sgHe1ka:20190113215951p:plainf:id:sgHe1ka:20190114031520p:plainf:id:sgHe1ka:20190114031716p:plainf:id:sgHe1ka:20190114031724p:plain 全国ダブルS8 1801
バンドリマンダ f:id:sgHe1ka:20190114031544p:plainf:id:sgHe1ka:20190113220049p:plainf:id:sgHe1ka:20190113215951p:plainf:id:sgHe1ka:20190114042627p:plainf:id:sgHe1ka:20190114031716p:plainf:id:sgHe1ka:20190114042927p:plain 全国ダブルS2~S5 2014

身内大会

記事 ポケモン ルール
マニュテララティハッサム f:id:sgHe1ka:20190803193056p:plainf:id:sgHe1ka:20190803193039p:plainf:id:sgHe1ka:20190828193402p:plainf:id:sgHe1ka:20190828193432p:plainf:id:sgHe1ka:20190803183557p:plainf:id:sgHe1ka:20190828193501p:plain ダブレ使用率上位30位禁止
メガボーマンダスタン f:id:sgHe1ka:20190113215951p:plainf:id:sgHe1ka:20190914172903p:plainf:id:sgHe1ka:20190317085904p:plainf:id:sgHe1ka:20190114165025p:plainf:id:sgHe1ka:20190114031716p:plainf:id:sgHe1ka:20190114203903p:plain PT種族値合計3000以下
雨アゴハッサム f:id:sgHe1ka:20190803182647p:plainf:id:sgHe1ka:20191006174256p:plainf:id:sgHe1ka:20190803182404p:plainf:id:sgHe1ka:20190803182942p:plainf:id:sgHe1ka:20190828193432p:plainf:id:sgHe1ka:20190114210844p:plain 種族値570未満限定
ガルーラスタン f:id:sgHe1ka:20190925215915p:plainf:id:sgHe1ka:20190925212952p:plainf:id:sgHe1ka:20190803181437p:plainf:id:sgHe1ka:20190113220121p:plainf:id:sgHe1ka:20190803182942p:plainf:id:sgHe1ka:20191014154955p:plain タイプ不一致技限定
ドレコーマギアナ f:id:sgHe1ka:20190803193914p:plainf:id:sgHe1ka:20190803193929p:plainf:id:sgHe1ka:20200113071353p:plainf:id:sgHe1ka:20190803184812p:plainf:id:sgHe1ka:20190828193402p:plainf:id:sgHe1ka:20190803183557p:plain 幻1体あり上位禁止ダブル
潜伏晴れ滅び f:id:sgHe1ka:20210221075606p:plainf:id:sgHe1ka:20210221105538p:plainf:id:sgHe1ka:20191207162101p:plainf:id:sgHe1ka:20200104063147p:plainf:id:sgHe1ka:20210221105611p:plainf:id:sgHe1ka:20210221043017p:plain ガラル62ダブル
ゴチルコントロール f:id:sgHe1ka:20210221075643p:plainf:id:sgHe1ka:20210221105854p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084939p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075700p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075656p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084953p:plain シリーズ5ダイマックス無
ギガドリギャラキッス f:id:sgHe1ka:20210221084930p:plainf:id:sgHe1ka:20191207163623p:plainf:id:sgHe1ka:20200104063238p:plainf:id:sgHe1ka:20200104063147p:plainf:id:sgHe1ka:20210221081637p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075641p:plain 準伝無ドラフト









第9回へいか杯 禁止ポケモン一覧

f:id:sgHe1ka:20190903014242j:plain

 

・ルール

 シリーズ7ダブル

 ダイマックス禁止

 シリーズ7(s12, s13, S14)使用率上位60位以内禁止

 BO3総当たり 

 

・注意事項

 降参禁止

 通話有

 型バレNG

 

・日時

 パーティ公開:4月上旬

 対戦    :5月中旬~ 21:00~25:00

 

 

・禁止ポケ一覧

ノーマル :f:id:sgHe1ka:20210221075600p:plainf:id:sgHe1ka:20210222055957p:plainf:id:sgHe1ka:20210221085356p:plain
ほのお  :f:id:sgHe1ka:20210221115550p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075606p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084947p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075622p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075540p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075716p:plainf:id:sgHe1ka:20210221085003p:plainf:id:sgHe1ka:20210222060139p:plainf:id:sgHe1ka:20210221115539p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075656p:plain
みず   :f:id:sgHe1ka:20210221084902p:plainf:id:sgHe1ka:20210221115544p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075557p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075609p:plainf:id:sgHe1ka:20200302211657p:plainf:id:sgHe1ka:20210221043017p:plainf:id:sgHe1ka:20210221115542p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075617p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075551p:plainf:id:sgHe1ka:20210221081639p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075700p:plainf:id:sgHe1ka:20210221115531p:plain

でんき  :f:id:sgHe1ka:20210221085029p:plain f:id:sgHe1ka:20210221115537p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075622p:plainf:id:sgHe1ka:20200302211657p:plainf:id:sgHe1ka:20210222055453p:plainf:id:sgHe1ka:20210221115603p:plainf:id:sgHe1ka:20210221115534p:plain

くさ   :f:id:sgHe1ka:20210221084953p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075543p:plainf:id:sgHe1ka:20210221090036p:plainf:id:sgHe1ka:20191207162043p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075638p:plainf:id:sgHe1ka:20210221115557p:plain

こおり  :f:id:sgHe1ka:20210221115554p:plainf:id:sgHe1ka:20210221043017p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075630p:plain

かくとう :f:id:sgHe1ka:20210221115610p:plainf:id:sgHe1ka:20210221115524p:plainf:id:sgHe1ka:20210222060620p:plainf:id:sgHe1ka:20210221115542p:plainf:id:sgHe1ka:20210221115542p:plain

どく   :f:id:sgHe1ka:20210222060623p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075543p:plainf:id:sgHe1ka:20210221090036p:plainf:id:sgHe1ka:20210221115515p:plain

じめん  :f:id:sgHe1ka:20210221075617p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075630p:plainf:id:sgHe1ka:20210221115547p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075619p:plainf:id:sgHe1ka:20191207163623p:plain

ひこう  :f:id:sgHe1ka:20210221115601p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075540p:plainf:id:sgHe1ka:20210222055453p:plainf:id:sgHe1ka:20210221115610p:plainf:id:sgHe1ka:20210221115547p:plainf:id:sgHe1ka:20210222055655p:plainf:id:sgHe1ka:20210221115552p:plainf:id:sgHe1ka:20200104063147p:plain

エスパー :f:id:sgHe1ka:20210221115606p:plainf:id:sgHe1ka:20210222055655p:plainf:id:sgHe1ka:20210221115529p:plainf:id:sgHe1ka:20210221081634p:plainf:id:sgHe1ka:20210221085356p:plain

いわ   :f:id:sgHe1ka:20210222060452p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075716p:plainf:id:sgHe1ka:20210222060620p:plainf:id:sgHe1ka:20210221115515p:plainf:id:sgHe1ka:20191207163621p:plainf:id:sgHe1ka:20210221115526p:plain

むし   :f:id:sgHe1ka:20210221115524p:plain

ゴースト :f:id:sgHe1ka:20210221075713p:plainf:id:sgHe1ka:20210221115513p:plainf:id:sgHe1ka:20210221085003p:plainf:id:sgHe1ka:20210222060139p:plainf:id:sgHe1ka:20191207162101p:plain

ドラゴン :f:id:sgHe1ka:20210221115518p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075551p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075619p:plainf:id:sgHe1ka:20191207162101p:plain

あく   :f:id:sgHe1ka:20210221075656p:plainf:id:sgHe1ka:20210221115542p:plainf:id:sgHe1ka:20210221115552p:plainf:id:sgHe1ka:20191207163621p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084851p:plain

はがね  :f:id:sgHe1ka:20210221115539p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075638p:plainf:id:sgHe1ka:20210221115557p:plainf:id:sgHe1ka:20191207163623p:plainf:id:sgHe1ka:20210221115526p:plainf:id:sgHe1ka:20210221115521p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075614p:plain

フェアリー:f:id:sgHe1ka:20210221084916p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084910p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075700p:plainf:id:sgHe1ka:20210221115531p:plainf:id:sgHe1ka:20210221115534p:plainf:id:sgHe1ka:20191207162043p:plainf:id:sgHe1ka:20210221115529p:plainf:id:sgHe1ka:20210221081634p:plainf:id:sgHe1ka:20200104063147p:plain

 

 

 

 

 

【第8回へいか杯(準伝無ドラフト)】ギガドリギャラキッス

へいかです

今回は第8回へいか杯、考察&結果記事です!

 

 

 

■参加者
へいか
エスカルゴさん
アルさん
pinさん
てんていさん
がるいさん
シゲルさん
ひゅうさん
ゆヌさん
りまるさん
ゆふこさん※多忙のため離脱
Ayaさん     ※多忙のため離脱

 

みなさん参加対戦ありがとうございます!

 

第1回から変わらず、大会の方針としては以下のようになっています。

・ダブルフラット(ランクマ準拠)

・縛り有

・BO3総当たり

・大会を通して特殊な流れが存在※後述

 

 

※流れは以下のような感じ。

①ルール決定

②PT公開(6体のポケモンのみ)

③育成

④対戦

⑤PT詳細の公開

 

今大会のルールは準伝説なしのドラフトでパーティを決定するルールです。

 

ドラフトとは

①全員同時に1匹パーティに入れたいポケモンを指名
② ①でポケモンが被った場合は抽選で決める
③ ②の抽選で外れた人は再度、まだ選ばれていないポケモンから指名し直す

①~③を6回繰り返してパーティの6体を決める

 

 

ではさっそく構築&大会について話していきたいと思います
※以下常体

 

f:id:sgHe1ka:20210214091710j:plain

 

 

ドラフト事前考察~ドラフト当日

 

■事前考察

まず、大体下記(上から下)の順に指名されやすいと考えた。

f:id:sgHe1ka:20200104063147p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075614p:plainf:id:sgHe1ka:20191207162101p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075656p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075600p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075713p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075540p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084947p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084953p:plainf:id:sgHe1ka:20191207163621p:plainf:id:sgHe1ka:20210221043017p:plainf:id:sgHe1ka:20210221085356p:plain

f:id:sgHe1ka:20210221090036p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084916p:plainf:id:sgHe1ka:20200302211657p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075622p:plainf:id:sgHe1ka:20191207162052p:plainf:id:sgHe1ka:20191207163623p:plainf:id:sgHe1ka:20191207162043p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075606p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075543p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075609p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075700p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075638p:plainf:id:sgHe1ka:20210221081634p:plainf:id:sgHe1ka:20210221081643p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075611p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075619p:plainf:id:sgHe1ka:20200104063238p:plain

f:id:sgHe1ka:20210221075546p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075649p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075643p:plainf:id:sgHe1ka:20191207163654p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075548p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075627p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084910p:plainf:id:sgHe1ka:20210221081639p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075557p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075551p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075555p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075617p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084851p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075716p:plain

f:id:sgHe1ka:20210221084845p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084936p:plainf:id:sgHe1ka:20210221081637p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075624p:plainf:id:sgHe1ka:20200104063200p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084924p:plainf:id:sgHe1ka:20210221085003p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075702p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075707p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084942p:plainf:id:sgHe1ka:20210221085019p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075641p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075647p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075603p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075630p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075652p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075654p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075711p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084857p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084902p:plainf:id:sgHe1ka:20210221075632p:plainf:id:sgHe1ka:20210221090338p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084848p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084841p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084930p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084939p:plainf:id:sgHe1ka:20210221091210p:plainf:id:sgHe1ka:20210221090652p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084839p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084919p:plainf:id:sgHe1ka:20210221090336p:plain

f:id:sgHe1ka:20210221085024p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084933p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084945p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084853p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084955p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084950p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084958p:plainf:id:sgHe1ka:20210221085000p:plainf:id:sgHe1ka:20210221085029p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084904p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084913p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084908p:plainf:id:sgHe1ka:20210221085010p:plainf:id:sgHe1ka:20210221085006p:plainf:id:sgHe1ka:20210221085014p:plain

f:id:sgHe1ka:20210221085045p:plainf:id:sgHe1ka:20210221084835p:plainf:id:sgHe1ka:20210221085026p:plainf:id:sgHe1ka:20210221085033p:plainf:id:sgHe1ka:20210221085036p:plainf:id:sgHe1ka:20210221085042p:plainf:id:sgHe1ka:20210221085016p:plainf:id:sgHe1ka:20210221085021p:plainf:id:sgHe1ka:20210221091207p:plainf:id:sgHe1ka:20210221085039p:plain



トゲキッスは複数指名されることが分かっていたので、1人指名で獲得できる可能性があり環境的に受けづらいドラパルト軸のホロウビートを最初に考察していた。

しかし、2位指名や3位指名にはキッス等のフェアリー対策やバンギラス対策、ラプラス、アシレ、ミロカロス等の対水に加え、ホロウビートのアタッカーも揃えなければならなかった。これらを満たす優秀なポケモンは競合する可能性、または既に獲得されている可能性が高く、獲得できそう かつ完成度の高いパーティにまとめることができなかった。

そこで抽選前提でキッスを1位指名することに決め、キッスドリュウズのようなパーティにすることにし計画を以下とした。

1位 : トゲキッス( 抽選外した場合は2位を繰り上げ、2位に水ロトムを入れる )

2位 : ドリュウズ( 地面枠。獲得失敗した場合はガブリアスorマンムーマンムーなら順位は下げてよい )

3位 : ギャラドス( もしくはボーマンダ。飛行・エース枠。)

4位 : ギガイアス

5位 : パッチラゴン予定。場合によっては他のパーティの対策枠に当てる。

6位 : 他の人のパーティを見て考える枠。
 

■当日

トゲキッスは予想通り複数指名となったが、運よく抽選で獲得。2位、3位も予定通りに行き、安心していたがまさかの4位ギガイアスで競合。この枠は唯一代えが効かないためかなり焦ったが、無事抽選を制し、5位に予定通り砂エース兼対水枠のパッチラゴン、6位にトリル役兼対ナットレイシャンデラを指名しパーティが完成した。

 

※ドラフトの被りは以下の通り

1位指名
へいか、ゆヌ、がるい→トゲキッス ( へいか獲得 )
ひゅう、エスカルゴ、りまる→リザードン ( ひゅう獲得 )
てんてい、シゲル→メタグロス ( てんてい獲得 )


外れ1位
りまる、がるい→エースバーン ( りまる獲得 )


2位
ゆヌ、エスカルゴ→モロバレル ( ゆヌ獲得 ) 

 

4位
へいか、りまる→ギガイアス( へいか獲得 )
アル、シゲル→ナットレイ ( アル獲得 )

 

6位
てんてい、がるい→カビゴン( てんてい獲得 )

 

 

ドラフト最終結

 

f:id:sgHe1ka:20210214092754p:plain



これらのパーティを踏まえて各個体の型を考察する 

 

 

 



個別解説 

 

 

 

f:id:sgHe1ka:20210221041840g:plain

ギガイアス@弱点保険
191(244)-205(252)-120-x-102(12)-29 ※S個体値7
岩雪崩/馬鹿力/アイアンヘッド/守る

 
特に言うことはない弱保ギガイアス。岩雪崩の他はナットレイとブリムオンへの打点となる馬鹿力とアイアンヘッドを選択

 
H : 16n-1
S : ブリムオン-1、サマヨールとの同速回避

 

 

 

 

 

f:id:sgHe1ka:20210221041752g:plain
 

ドリュウズ@気合の襷 砂かき
185-187(252)-81(4)-x-85-154(252)
アイアンヘッド/地震/岩雪崩/守る


 
ランクマッチでよく使用していた剣舞を入れるか悩んだが、大会ルール上威嚇が少なく火力が下がりにくく充分ダメージを稼げるのと、ロトムが重くなるため無難に岩雪崩にした


 
 

 

 

f:id:sgHe1ka:20210221041904g:plain
  

ギャラドス@命の珠 威嚇
171(4)-177(252)-99-x-120-146(252)
滝登り/飛び跳ねる/挑発/守る
 
 
 
パーティの第1ダイマックス候補。パワーウィップは打つ相手が少なく、かつそれらに対してはダイジェットでなんとかなるため、ピッピに対して立ち回りが楽になる挑発を搭載した。

持ち物は鬼火・催眠に対し1度保証がつくのラムの実も考えていたが、さすがに珠持ち以外では抜きエース級の火力が出なく、命の珠での採用

抜きエースになれる自信過剰前提でギャラドスを指名したが若干火力が過剰気味なので、疑似的に味方の耐久を上げれる点を重宝して威嚇にした。威嚇を入れないとダイマックスキッスがアイアントのダイスチルを耐えられないのも大きな理由の1つ。 
 

 

 

 

 

f:id:sgHe1ka:20210221041933g:plain



トゲキッス@ピントレンズ 強運
185(196)-x-115(4)-176(156)-136(4)-119(148)
マジカルシャイン/エアスラッシュ/この指止まれ/守る

 

tier1。この指、削り、ダイマックス、何させても強かった。耐久も欲しかったため、Sを必須そうなアイアント抜きに設定し、ある程度の火力を確保して残り耐久に。
アイアントはダイジェットでも相当削れる(急所ならワンパン)ので炎技を切ってこの技構成


H : あまり
C : 11n
S : ランク+1で最速アイアント抜き

 
 
 
 
 

f:id:sgHe1ka:20210221041645g:plain
 

パッチラゴン@防塵ゴーグル 砂かき
179(108)-165(236)-111(4)-x-91(4)-115(156)
電撃嘴/10万馬力/挑発/守る

 
持つことでゆヌさんにかなり有利になる防塵ゴーグルでの採用。バナの眠り粉に対しても安全に動ける。攻撃技に関しては電撃嘴以外は正直打つつもりがなかったので、ジバコイルに打つ10万馬力とピッピバレルに打つ挑発にした。
※馬力を1回も打たなかったので竜技でよかった

 
H : 余り
A : H振りジバコイル10万馬力で1発(101%~)
S : 砂下で+1100族抜き

 

 

 

f:id:sgHe1ka:20210221041705g:plain
 

シャンデラ@シュカの実
167(252)-x-124(108)-185(28)-125(116)-101(4)
熱風/鬼火/サイドチェンジ/トリックルーム

 

他5体で不足している点を補う枠となったため欲しい技がたくさんあったが、優先度の高かったこの4つになった

 

熱風:シャンデラの採用理由。アイアントナットレイへの打点

鬼火、サイチェン:不利なグロスへの勝率を少しでも上げるため

トリル:トリル返しや、ギガイアスを通す場合に使う

 

※不採用となった技

シャドボ:主にロトムへの打点

封印:vsシゲルさんでeasy winを狙える

守る:あると便利

 

 

C : Wダメ熱風で無振りマンムー1発(100.5%~)

HD : 特化インテレオンのねらいうち、特化アシレーヌの熱湯15/16耐え。特化ロトムの10万ボルト超高乱数2耐え(~50.3%)

 

 

 

 

大会結果・PT詳細公開

・結果

Bo3 8-1, 17勝  5敗  へいか
Bo3 8-1, 16勝  6敗  ゆヌ
Bo3 6-3, 13勝  8敗  ひゅう
Bo3 6-3, 13勝10敗  エスカルゴ
Bo3 4-5, 12勝11敗  てんてい
Bo3 4-5,   9勝11敗  シゲル
Bo3 3-6, 10勝14敗  アル
Bo3 3-6,   6勝13敗  リまる
Bo3 2-7,   7勝15敗  がるい
Bo3 1-8,   6勝16敗  pin

 

 

1戦目  vsがるいさん  ×○○

1試合目はタンザン相手に択負けして数的不利になってサイクル回されて負けたが、その後は相手のボーマンダ軸の選出にキッスダイマックスで、タンザン軸の選出にはダイストリーム当てて勝ち。 

 

2戦目  vsひゅうさん  〇〇

2戦ともダイマックスギャラ通して勝ち。ダイウォール+砂嵐で襷割ってからダイジェットして、今大会話題になった眠り粉事件は回避。

 

3戦目  vsてんていさん  〇×〇

1戦目指とサイチェンでいい感じに相手のグロス初手ダイマックスを枯らして後発ギャラドスダイマックスで勝ち。2戦目数的不利になってダイマックスを先に切らされた後ジャラランガダイマックス通されて負け。3戦目は順当に相手の先発削ってから後発ギャラダイマックスで勝ち。シャンデラ3戦全てで鬼火外すな

 

4戦目  vsアルさん  〇××

初戦順当に勝つも、2戦目はキッスが+2ダイストリーム有効急所で吹き飛んで苦しくなり、岩雪崩避けてワンチャン作ったが最終的にメタモンの同速負けて敗北。3戦目はシャンデラの前で居座ってきたナットレイに熱風外したために次ターン逃げられ、最終局面にジジーロンにも熱風外して負け

 

5戦目  vsりまるさん  〇○

1戦目ギャラvsエースバーン、2戦目ドリュvsジュラルドンの打ち合いに辛勝。ダイマックス切れてからの相手の立ち回り次第では負けてもおかしくない試合だった 

 

6戦目  vsエスカルゴさん  ○○

2戦目ともギャラダイマックスで勝ち。1戦目は先にこちらがダイマックスを切るとダイウォール+リフレクター→守るで上手くダイマックスターンを稼がれたが、こちらも飛び跳ねる+サイドチェンジで稼げたため逆転勝ち 

 

7戦目  vsシゲルさん  ○×○

1戦目ご自慢のダストダスを打開ダイマックスで勝ち。2戦目はトリル読みトリルしたらワイドフォース打たれて負け。3戦目はトリルをギガイアスで凌いでキッスダイマックスで〆。

 

8戦目  vs pinさん  ○○

1戦目ギャラvsアイアントの後発ダイマックス、2戦目キッスvsアイアントの初手ダイマックス
ギャラがトドンの冷ビ耐えるかどうかの局面で相手間違えて2連守る押してしまい、挑発→飛び跳ねるで勝ち。2戦目最終局面アローに岩雪崩を外して終わったかと思われたがトドンが怯み、次ターンギャラvsトドンの対面に。熱風でトドンが焼けていたため1戦目とは違いこちら有利 

 

9戦目  vsゆヌさん 〇〇

1戦目マジシャ急所でガブを倒し有利になったかと思われたが、守る択に負けてダイマックスキッスが眠り、ドリュウズも寝てしまうかというところでバレル怯んでキッス最速起きして取り返す。2戦目は相手のガブリアスダイマックス→ダイロックキッス処理をドリュウズ、パッチラゴン、ギャラダイマックスで上から殴って勝ち

 

 

 

・パーティ詳細

 

1位  へいか

f:id:sgHe1ka:20210214091710j:plain

 

2位  ゆヌさん

f:id:sgHe1ka:20210214154734p:plain

 

3位  ひゅうさん

f:id:sgHe1ka:20210214154809j:plain

  

4位  エスカルゴさん

f:id:sgHe1ka:20210214154904j:plain

 

 

5位  てんていさん

f:id:sgHe1ka:20210214154949j:plain

 

6位  シゲルさん

f:id:sgHe1ka:20210214155010j:plain

 

7位  アルさん

f:id:sgHe1ka:20210214155031j:plain

 

8位  りまるさん

f:id:sgHe1ka:20210214155116j:plain

 

9位  がるいさん

f:id:sgHe1ka:20210214155144j:plain

 

10位 pinさん

f:id:sgHe1ka:20210214155157j:plain

 

 

まとめ

今回は初のパーティ構築に運が絡む大会でしたが、良さアリ悪さアリでしたね。ドラフトはとても盛り上がって楽しかったですが、パーティ構築の段階で差が大きくなってしまうのはやはり痛いです。

あとは決勝戦を配信(今回初)できたのも、大会が盛り上がる要因となってよかったです。※主催が2連覇、ドラフト抽選2連勝、キッス両急所連発などで私はとんでもなくアウェーでしたがTT
キャプボを購入したので、次回からは対戦を録画していこうかなと。


私個人としては今回の大会は上手くいったところが多く、それが優勝に繋がったと思います。

①ドラフトでの被りが少なく、事前に考えていた通りのパーティを組めた

②ドラフトの抽選2連勝

③ランクマで使用していた構築に寄せたことにより、5枠目6枠目に適切なポケモンを組み込みやすかった

④自分だけどちらの特性か分からないポケモンが多く、対策させづらかった

 

へいかさんが優勝するのはへいか杯ではない、と言われているので、そろそろ誰か止めてほしいですねー。では次回の大会でお会いしましょう。 

 

 

 

 

※ひゅうさん眠り粉連打事件 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【第7回へいか杯(ダイマックス禁止ダブル)】ゴチルコントロール

へいかです

今回は第7回へいか杯、考察&結果記事です!

 

 

 

■参加者
へいか
エスカルゴさん
アルさん
pinさん
てんていさん
がるいさん
シゲルさん
ひゅうさん
ゆヌさん
りまるさん

 

9名の方々参加対戦ありがとうございます!

 

第1回から変わらず、大会の方針としては以下のようになっています。

・ダブルフラット(ランクマ準拠)

・縛り有

・BO3総当たり

・大会を通して特殊な流れが存在※後述

 

 

※流れは以下のような感じ。

①ルール決定

②PT公開(6体のポケモンのみ)

③育成

④対戦

⑤PT詳細の公開

 

ではさっそく構築&大会について話していきたいと思います
※以下常体

 

f:id:sgHe1ka:20200927060914j:plain


 


 

構築経緯

ランクマッチシリーズ5にて、ダイマックスせずとも活躍していたガオガエン・ゴリランダーが環境の中心になると予想し、私もまたこの2体から構築を考えることにした。3体目にガエンゴリラに強いポケモンとしてウォーグルの採用を決め、ウォーグルガエンゴリランダーの並びを軸とした。


残りの3枠に必要と感じたのが

・対晴れ

・ガエンへの打点

・対耐久ポケ( ポリゴン2、ラッキー等 )

・対ウォーグル


の4つである。

そして水技と滅びでそれぞれ対ガエン、対耐久を満たすアシレーヌを採用した。

5体目には影踏みという強力な特性でサイクルカットが可能なゴチルゼルを採用することにした。このルールではメガ進化、Z技、ダイマックスがないため火力が出ず、突破されにくいことに加え、ウォーグルアシレーヌとも相性が良好で影踏みがかなり強力に働くと考えたからだ。

最後に、対晴れを切って対ウォーグル枠に強い電気枠を探していたところシルヴァディがいた( ←は? )ので採用した。
ポリゴン2が多かった時のため、ちゃんと毒々の牙で猛毒状態にできることを確認した 

ここまでの6体の並びを見て、影踏みでロックしながら威嚇バクア台詞でデバフをかけてサイクルし、積んでいく立ち回りをイメージした。

 

 

そしてパーティ公開へ
※ウーラオス等が出ません

 

f:id:sgHe1ka:20200927062818p:plain

f:id:sgHe1ka:20200927062838j:plain

f:id:sgHe1ka:20200927062909j:plain

f:id:sgHe1ka:20200927063006j:plain

f:id:sgHe1ka:20200927063026j:plain

f:id:sgHe1ka:20200927063047j:plain

※水ウーラオス

f:id:sgHe1ka:20200927063120p:plain

f:id:sgHe1ka:20200927063129p:plain

f:id:sgHe1ka:20200927063152p:plain

f:id:sgHe1ka:20200927063240p:plain

f:id:sgHe1ka:20200927063254j:plain



 

 



個別解説 

 

f:id:sgHe1ka:20200927084049g:plain

ウォーグル@バンジの実
195(156)-155(92)-96(4)-x-96(4)-145(252)
ブレイブバード/インファイト/ビルドアップ/守る

 

ASにするか や追い風を採用するか など迷っていたが、デバフ+影踏みと猫3枚を活かせる耐久ビルド型にした 。結果、シルヴァディゴチルゼルで崩した後ガエンに繰り出してビルドアップしていく動きが強く、この選択は良かった

 
H : 余り
A : ブレバ無振りウーラオス15/16で1発
S : ミラー意識の最速

 

 

 

 f:id:sgHe1ka:20200927084123p:plain

シルヴァディ@エレクトロメモリ
175(36)-147(252)-115-x-115-157(220)
マルチアタック/電磁波/捨て台詞/守る


 
各パーティを見て予定通り電気での使用となった。H振りトゲキッスウォーグルミロカロスを倒せる物理型に。バークアウトも入れたかったが、パーティにS操作がないことに不安を感じて電磁波を採用した。
※煌めきのシルヴァディ(色違い)にすることによってエレクトロメモリの色合いに違和感がなく、タイプを確認されないという事態が数回あった(?) 

 
A : H振りウォーグル確1(101%~)
     B4振りミロカロス14/16で1発
     H振りトゲキッス中乱数(50%)1発
HB : 特化ドリュのWダメ地震13/16耐え
S : 最速ポリZ抜き
 



 

  f:id:sgHe1ka:20200927084208g:plain  

ゴチルゼル@オボンの実
177(252)-x-123(60)-130(116)-154(76)-86(4)
サイコキネシス/癒しの波動/猫だまし/守る
 
MVP。
構築経緯でも記載したが、このルールでは瞬間火力を出しにくいため数ターンに渡って影踏みを維持できる。本構築ではウォーグルの圧力によって初手に捨て台詞やとんぼ返りで交代できるガオガエンやゴリランダーが初手に出てきづらく、ロック解除を簡単に許さない。またガエンが出てこない場合は弱点も突かれないためさらに影踏みの維持がしやすくなる。他にも後述のアシレーヌで滅びするプランも可能にする。
また重めなストリンダーやマタドガスへの打点を持っているのも偉く、火力に少し振っているため時に雑な削りを行ってくれた。
技はサイチェンや手助けの採用も迷っていたが、結果としてかなり癒しの波動を使用したのでこの選択は正解だった
 
 
C : 無振りストリンダー15/16で1発
HB : 嘴陽気アローのブレバでオボン発動(50.8~59.9%)
HD : オボン発動後ストリンダーの珠ヘド爆耐え(53.1~62.1%)
 
 

 

 

 f:id:sgHe1ka:20200927084340g:plain
アシレーヌ@防塵ゴーグル
183(220)-x-100(44)-187(188)-137(4)-87(52)
ハイパーボイス/ムーンフォース/滅びの唄/守る

 

対ガエンゴリラには選出しなさそうだったので、アルさんにとても刺さっている防塵ゴーグルでの採用


HB : 力尽く珠ダイオウドウのアイヘ耐え(~98.9%)
HD : 珠ストリンダーのWダメオーバードライブ耐え(~97.8%)
C : 11n
S : 余り( 味方のゴチル+1 )

 
 
 

f:id:sgHe1ka:20200927084409g:plain 

ガオガエン@フィラの実
200(236)-176(196)-110-x-110-90(76)
フレアドライブ/鬱憤晴らし/捨て台詞/猫だまし

 
特に言うことのないガオガエン。以下の意図でHAベースとなったが、火力があるため重めなポケモンへの打点となってくれた

 
A : 無振りドラパルト鬱憤晴らしで高乱1発(97%~)
   H振りジバコイルフレドラで15/16で1発
HB : 特化ドリュの珠馬力 威嚇込で14/16耐え
HD : 特化ロトムの10万確3(~47%)
        特化トゲキッスのマジシャ急所高乱2耐え(98%)

 

 

 

f:id:sgHe1ka:20200927084445g:plain

ゴリランダー@マゴの実
207(252)-194(252)-x-96(4)-105
グラススライダー/10万馬力/剣の舞/猫だまし

 

グラススライダーで確2をとれるポケモンが多く、剣舞を積めば縛れるのがかなり強力だった。剣舞と守るで悩んていたが、この選択も正解だった。馬力が唯一この構築で腐っていた。


A : グラススライダーで無振りウオノラゴン確2(50.9%~)
HD : 特化キッスのエアスラ15/16耐え

 

 

 

選出・立ち回り 

 

1戦目  vspinさん  ×○○  0-1, 3-0, 3-0

×ゴリラゴチル ガエンアシレ vs アギルダーロトム キングドラナットレイ
○ゴリラゴチル ガエンアシレ vs アギルダーキングドラ イエッサン♂ナットレイ
○ゴリラゴチル ガエンアシレ vs アギルダーキングドラ イエッサン♂ナットレイ

比較的ゴリラが通る対面。火ロトムが重いがグライスライダーで25%入るのでゴチルのサイキネとガエンで削って圏内に入れる。その他にもナットレイ以外には50%~入るため剣舞積めば1発か、削って縛る立ち回りをする。

1戦目はアギルダーを放置してアシボと命がけで痛いダメージを受けたため、選出は変えず早めの処理を心掛けた。が、火ロトムがなぜか出てこなくなったため剣舞グライダーでナットレイ以外をしばいてガエンで詰めて勝利。

 

 

2戦目  vsシゲルさん  〇〇  4-0, 4-0

○アシレゴチル ガエンシルヴァディ vs バレルユータン イエッサン♀ダイオウドウ
○アシレゴチル ガエンシルヴァディ vs イエッサン♀コータス ユータンダイオウドウ


この指系+トリルは火力がないため、滅びが通る。唯一噴火采配が受けるのキツいのでコータスが初手に来た場合は殴るプランで準備した

想定通り1戦目滅び、2戦目アシレビートで勝利

 

 

3戦目  vsエスカルゴさん  ××  0-1, 0-2

×シルヴァディゴチル ガエンゴリラ vs アローウーラオス キッスストリンダー
×シルヴァディゴチル ガエンゴリラ vs アローポリZ キッスストリンダー


ポリZを誰も半減で受けれないためむり。1戦目ウーラオスに荒らされた後ストリンダーに破壊されて負け。2戦目ポリZに荒らされた後またもストリンダーに負け

 

 

4戦目  vsてんていさん  〇〇  3-0, 4-0

シルヴァディゴチル ウォーグルガエン vs ウォーグルストリンダー ゴリラドリュウズ
ウォーグルゴチル ガエンシルヴァディ vs ガエンストリンダー ウォーグルゴリラ

 

ドリュ対面になった場合はセリフで逃げつつ、キャッチしたウォーグルやストリンダーは抜群とって倒す。ストリンダーが若干重め。ゴチルのHP管理が重要

1戦目初手有利対面を倒してビルドウォーグルで〆で勝ち。2戦目はS操作で打った電磁波でガエンバグりまくって勝ち

 

 

5戦目  vsりまるさん  ○×○  1-0, 0-2, 3-0

シルヴァディゴチル ウォーグルガエン vs キッスガエン ゴリラドリュウズ
×ウォーグルゴチル ガエンシルヴァディ vs キッスドリュウズ ドラパガエン
シルヴァディゴチル ウォーグルガエン vs ドラパドリュウズ キッスガエン

 

ドリュ対面になった場合はセリフで逃げつつ、キャッチしたキッスを倒して数的有利を作る立ち回り。

1戦目初手ガエンに涙を流しながら順当にサイクルを回すも、相手の鬼火ドライブでウォーグルが燃えて辛勝。2戦目は最終局面でビルド積んだウォーグルにフレドラ急所に当たって負け。3戦目は不運なくサイクルして勝ち

 

 

6戦目  vsアルさん  〇〇  4-0, 3-0

○ゴリランダーゴチル ウォーグルガエン vs サーナイトモロバレル ウーラオスデスバーン
アシレーヌゴチル ガエンシルヴァディ vs ウオノラゴンウインディ ウーラオスモロバレル

 

猫+剣舞、もしくはウォーグルゴリラorアシレゴチルを通すプラン

1戦目は剣舞グライダー通して勝ち。2戦目はウインディ初手読みでアシレゴチルに切り替え、ゴーグルアシレでビートして勝ち。

 

 

7戦目  vsがるいさん  〇〇  1-0, 3-0

○ガエンゴチル ウォーグルアシレ vs ガルーラシルヴァディ ヤミラミマタドガス
シルヴァディゴチル ガエンアシレ vs ガルーラマタドガス クリムガンシルヴァディ

 

何してくるかわからないためプラン無し。マタドガスヤミラミが若干重いためガエンゴチルで削るように意識

1戦目珠ガルーラと剣舞シルヴァディに崩されたと思ったが、ガルーラ倒した後大爆発しか攻撃技ないシルヴァディが勝手に爆発して勝ち。2戦目もガルーラにデバフ入れて処理した後はシルヴァディが爆発するしかなくて勝ち

 

 

8戦目  vsゆヌさん  〇〇  3-0, 2-0

シルヴァディゴチル ウォーグルゴリラ vs キッスミロカロス ガエンゴリラ
ウォーグルゴチル シルヴァディゴリラ vs キッスガエン ミロカロステラキオン

 

対エルテラは猫でエルフーン止めながら、サイキネ入れてグラススライダーをテラキオンに打つ※耐久振りのケア
他選出の場合はキャッチしたキッスミロカロスを倒してウォーグルを通す

1戦目キッスを倒し、ビルドウォーグルで〆て勝ち。2戦目はウォーグルで荒らした後ゴリランダーで詰めて勝ち。

 

 

9戦目  vsひゅうさん  ××  0-3, 0-2

×シルヴァディゴチル ウォーグルガエン vs キッスウォーグル バンギラスジバコイル
×ウォーグルゴチル シルヴァディガエン vs キッスウォーグル ジバコイル+?

 

他ガエンゴリラ同様キャッチしたキッスウォーグルを倒してウォーグルを通す想定

1戦目襷ウォーグルに追い風を張られ、追い風を枯らすも眼鏡ジバコにダメージを稼がれそのまま殴り負け。2戦目余計に選出を変えて出し負けしまいむり。

キッス+ウォーグルの同時選出がシルヴァディに相当役割集中してしまうのと、2体とも1撃で倒せない(襷ウォーグルトゲキッスは乱数)ため振り返ればかなりキツい相手

 

 

大会結果・PT詳細公開

・結果

Bo3 7-2, 14勝  6敗  へいか
Bo3 7-2, 14勝  7敗  ゆヌ
Bo3 6-3, 14勝  7敗  ひゅう
Bo3 6-3, 12勝10敗  アル
Bo3 5-4, 13勝10敗  エスカルゴ
Bo3 5-4, 12勝10敗  てんてい
Bo3 5-4, 11勝10敗  シゲル
Bo3 2-7,   8勝15敗  リまる
Bo3 2-7,   8勝15敗  pin
Bo3 0-9,   2勝18敗  がるい

 

 

・パーティ詳細

 

1位  へいか

f:id:sgHe1ka:20200927081354j:plain

 

2位  ゆヌさん

f:id:sgHe1ka:20200927081422j:plain

 

3位  ひゅうさん

f:id:sgHe1ka:20200927103040j:plain
  

4位  アルさん

f:id:sgHe1ka:20200927081630j:plain 

5位  エスカルゴさん

f:id:sgHe1ka:20200927081647j:plain

 

6位  てんていさん

f:id:sgHe1ka:20200927081704j:plain

 

7位  シゲルさん

f:id:sgHe1ka:20200927081720j:plain

 

8位  りまるさん

f:id:sgHe1ka:20200927081733j:plain

 

9位  pinさん

f:id:sgHe1ka:20200927081747j:plain

 

10位 がるいさん

f:id:sgHe1ka:20200927081800j:plain



 

 


 

 

まとめ

7回目の開催にしてようやく優勝することができました!

「へいかさんは毎回準優勝どまり」って ネタになっていたので少し寂しくはあります(笑)

今回はポケモン・技選択や努力値振りでマイナスとなったものが少なく、ほぼすべてのポケモン、および技が強く働きました。立ち回りに関してもゴチルゼルの影踏みを軸に考えていて、相手の交換を交換を考慮する必要がないためプランが立てやすく、構築立ち回りともに自信がありました。交換を考慮しないためか、対戦後の疲労感もあまりありませんでした

大会運営としては、1戦1戦想定より巻きで進められたり、コロナのせいもあってか全員の予定が合いスムーズに大会を終えられました。ご協力ありがとうございました。

さて、第8回はドラフトですね。ではさっそく個人的トレンドのゲームやっていきますか

 

 

 

 

栄冠ナイン!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【へいか杯(62ガラルダブル)】潜伏晴れ滅び

へいかです

第6回へいか杯、考察&結果記事です!

 

 

 

 

ルール紹介

今回のルールはガラル62ダブルです
ポケモンHOME未解禁
・ガラルマークのみ
・キョダイマックス全種使用可

 

■参加者
へいか
アルさん
がるいさん
シゲルさん
ひゅうさん
ゆふこさん

 

5名の方々参加対戦ありがとうございます!

 

第1回から変わらず、大会の方針としては以下のようになっています。

・ダブルフラット(ランクマ準拠)

・縛り有

・BO3総当たり

・大会を通して特殊な流れが存在※後述



今回の縛りは3つです

・HOME解禁前

・キョダイマックス全種使用可

・62ダブル

 

※流れは以下のような感じ。

①ルール決定

②PT公開(6体のポケモンのみ)

③育成

④対戦

⑤PT詳細の公開

 

ではさっそく構築解説に移らさせていただきます。
今回は考察長めなので一部グレー字です。読みたい方は読んでください

※以下常体

 

f:id:sgHe1ka:20200406161256j:plain


 

構築経緯

7世代の62ダブルを振り返ると、流行した組み合わせは

・グッドスタッフ
・テテフアギルダー
・滅び
・シード軽業アタッカー
・高速金縛りアンコール
・輪唱
・天候

等々である

しかし、ガラル62ダブルではほぼ初手にダイマックスされることが予想できるため、ダイマックス環境と相性が悪いものを除外すると考察に値するものはわずかである。

ダイマックス環境でも強力だと考えられる組み合わせとしては

・弱点保険ギミック
・グッドスタッフ
・滅び
・天候
・叩き

etc

が考えられる

この中から、ダイマックスによる耐久UPの恩恵を最も受けられ、パーティの汎用性を落とさずに組め、かつ相手が対策しにくいと感じた滅びを軸にすることした。


滅びの唄を使用するポケモンには、最も耐久があり強力なキョダイマックス技を持つラプラスにすぐ決定した。滅びの唄を打つターンはダイマックスできず相手のダイマックスによって倒されかねないため、この指止まれでサポートができるトゲキッスを採用。

ダイウォール+まねっこ滅び等も考えたが、それでは滅び3ターンの内1度しか守るを確定させられないうえ、最終ターンにはダイマックスが終わっているため不安定であると判断した。

次に採用を決めたのはドラパルト。トゲキッスのサポート生かして積む所謂ドラパキッスの並びを作るパターン、ゴーストダイブなどで滅びを交わし相手に2体の処理を強いるパターン、ラプラスの氷の礫でダイマックスドラパルトの弱点保険を発動させるパターンとパーティ公開後にとれる選択肢が多いためだ。

次にコータスラフレシアの並びの採用を決定。

コータス
  素早さが遅く天候合戦、滅び順で勝ちやすくなる

ラフレシア
  晴れ下でお先にどうぞや、不利対面でごまかせる催眠等が可能

HOME解禁前だったためラフレシアを採用したが解禁後であればフシギバナの方がよい。ラフレシアではSが遅すぎてスカーフでドラパルトを睨んでくる陽気ヒヒダルマ葉緑素込みで抜けない、という欠点がある。ムーンフォースで相手のドラパルトに打点があるのはメリットなのだが。

最後にここまでで若干薄いバンドリ、ドラパルトに強く、猫や威嚇で味方をサポートできるズルズキンを入れて6体が決まった

 

 

そしてパーティ公開へ
ヒヒダルマはガラルの姿

 

f:id:sgHe1ka:20200410010210p:plain

f:id:sgHe1ka:20200410010220j:plain

f:id:sgHe1ka:20200410010230p:plain

f:id:sgHe1ka:20200410010237j:plain

f:id:sgHe1ka:20200410010244p:plain

f:id:sgHe1ka:20200410010252j:plain



選出・立ち回り

パーティが公開されたため構築の軸とした滅びを中心に立ち回りを考える

 

vsがるいさん

f:id:sgHe1ka:20200410010210p:plain

f:id:sgHe1ka:20200410010237j:plain

弱保ドラパルト+礫ラプラスで大体の並びに有利をとれると考えた。エルフーン+ドラパルトの並びのみ不毛な対決となるが、相手も同速対決は避けたいだろうし、こちらのラプラス軸の構築に対してそのような選出をする可能性は低いと考え、対策は切った。
(仮に選出された場合、礫で弱保起動してドラパルトにダイホロウ。相手はムンフォ+ダイマックス技or手助け+ダイマックス技でこちらのドラパルトを倒すしか勝ち筋がない。ラプラスダイマックス、ドラパルトがゴーストダイブの可能性もあり相手はドラパルトに攻撃しにくい)

+2特化ドラパルトのダイドラグーン(逆鱗ベース)で耐久無振りダイマックスリザードンに84.7~99.6%.珠やサンパワーのダメージで倒せる

シュバルゴのダイアーク+ランク-1ダイアーク耐え

 

vsシゲルさん

f:id:sgHe1ka:20200410010210p:plain

f:id:sgHe1ka:20200410010244p:plain

トリルに対して初見殺しができるキッスラプラスの空を飛ぶ+滅びの唄を軸に選出を考察。蒸気機関起動可能なポケモンがいないため、ラプラス軸に対して有利とは言い難いセキタンザンは非考慮

vsトリル( ミミッキュorブリムオン ) : トリル読みで空飛+滅び。決まれば勝ち。
vsイエッサン+カビゴン : 空飛+滅びで両方倒さなければいけない状況を強いる。イエッサンの手助けやカビゴンに対ラプラス抜群技がなければ勝ち※相手が最善手取れば
vsコータス( 非トリル ) : キッスのダイジェットでコータス倒して滅びを通す

※特化トゲキッスのダイジェット : H振りコータス(87~103%)

 

vsゆふこさん

f:id:sgHe1ka:20200410010210p:plain

f:id:sgHe1ka:20200410010252j:plain

トリルがないため、この指+鉄球ラプラスの滅びの唄が有効。

ロンゲ+ロトムには両守から入ることで猫だましを防いだ後基本の立ち回りに入ることができるが、ロトム+ダルマの並びは雪崩+ダイサンダーが受けられないため、ズキンラプラスコータスラフレシアなど別の選出をする必要がある。万が一対面してしまったとき少しでも勝率をあげるためトゲキッスを気合の襷にし、氷柱落とし+ダイサンダーを選択でされた場合は勝てるようにした。また、ドラパルトにゴーストダイブで滅びを交わされたときのためにH191ドラパルトまでは巨大旋律で倒せるように特攻に振った

 

 

vsひゅうさん

f:id:sgHe1ka:20200410010210p:plain

f:id:sgHe1ka:20200410010220j:plain

こちらもトリルがないためこの指+鉄球ラプラスによる滅びが有効だが、ジュラ+ダルマの並びのみ受けられないため大体の並びに有利をとれるコータスラフレシアと合わせて選出を考える。

コータスラフレシアvsカバドリ : ソラビ+ダイバーンをドリュウズに集中。
コータスラフレシアvsドラパキッス : ダイアシッド(→キッス)+熱風。
コータスラフレシアvsジュラダルマ : ダイソウゲン(→ダルマ)+熱風。ダルマ最速でなければ ソラビ+ダイバーン

コータス  特化ジュラルドンのダイドラグーン15/16耐え
       臆病ドラパルトの珠ダイホロウ耐え(~99%)

 

vsアルさん

f:id:sgHe1ka:20200410010210p:plain

f:id:sgHe1ka:20200410010230p:plain

 

無 対 策

 

エルリザやバンギサマヨの並び以外にも、ローブシンミロカロスといったポケモンが絶妙に噛み合っているので選出じゃんけん。バンギサマヨ以外にはこちらのドラパラプラスが有利なので、こちらはズキンラプラスの穴を掘るor猫+滅びのギミックを見せてからドラパラプラスビートで2-0が理想



個別解説 

 

 f:id:sgHe1ka:20200829180012j:plain

コータス@ウイの実
177(252)-x-160-143(196)-98(60)-22※最遅
熱風/噴火/原子の力/欠伸
 
熱風噴火は確定とし、残りはヒートロトムにダイロックとして打てる原始の力、ダイマックスしなかったときに相手の妨害が可能な欠伸とした
 
HD
特化ジュラルドンのダイドラグーン15/16耐え
臆病ドラパルトの珠ダイホロウ耐え(~99%)

 

 

 

f:id:sgHe1ka:20200829180034j:plain

ラフレシア@命の珠
151(4)-x-105-162(252)-110-112(252)
 
ヒヒダルマを1発で倒すため持ち物は命の珠 (球無しだとソラビが~98%)。技は、お先にどうぞは打ちたい機会がないと判断してこの構成
 
 


f:id:sgHe1ka:20200829180051j:plain

ドラパルト@弱点保険
191(220)-187(236)-96(4)-x-96(4)-168(44)
逆鱗/ゴーストダイブ/空を飛ぶ/守る
 
ダイマックスリザードンを1ターンで倒すため竜技は逆鱗。非ダイマックス時に竜技を打つ機会はないため裏目もなし。
 
HB : シュバルゴのダイアーク+ランク-1ダイアーク耐え(~99.5%)
S : 最速リザードン抜き
 
 

 


f:id:sgHe1ka:20200829180119j:plain

トゲキッス@気合の襷
191(244)-x-116(4)-189(252)-136(4)-101(4)
エアスラッシュ/空を飛ぶ/この指止まれ/守る
 
相手のコータスになるべくダメージを与えたいため特攻特化
 
 

  f:id:sgHe1ka:20200829180136j:plain

ズルズキン@フィラの実
171(244)-110-135-x-180(228)-83(36)
岩石封じ/穴を掘る/猫だまし/見切り
 
エルリザと打ち合うため特防厚め。
S : 4振りバンギラス抜き

 

 

f:id:sgHe1ka:20200829180148j:plain

ラプラス@パワーレンズ
237(252)-x-100-113(60)-154(196)-58※最遅
吹雪/氷の礫/滅びの唄/守る


エルリザと打ち合うため特防厚め。万一ドラパルトにダイブで滅びを交わされた時処理が楽になるようH振りドラパルトを倒せるよう特攻を調整

C : H191ドラパルト15/16で1発

 

 

大会当日~PT詳細公開

・結果

bo3 4-1, 9勝  4敗ひゅう

bo3 4-1, 9勝  4敗へいか

bo3 3-2, 7勝  5敗アル

bo3 2-3, 5勝  6敗シゲル

bo3 2-3, 4勝  6敗がるい

bo3 0-5, 1勝10敗ゆふこ

 

 

1戦目  vsひゅうさん  ○×○

コータスラフレシアvsドラパキッス
 ダイアシッド熱風→ダイフェアリーで勝ち

×コータスラフレシアvsジュラルドンドリュウズ
 巻き込み地震弱保を考慮できずに殴る方向間違えて負け

○ズキンラプラスvsジュラルドンドリュウズ
 猫滅びで勝ち

 

2戦目  vsシゲルさん  〇〇

○キッスラプラスvsミミカビ
 ダイナックル自爆を空を飛ぶでかわして同速負けして後攻着地→ダイウォールダイジェットダイジェットで勝ち

○キッスラプラスvsコータスブリムオン
 空飛滅びに対して相手トリル、ラプラスにダイアシッドを2回打たれるがキッスが着地後2連ダイウォール決めて勝ち。※+2熱風&+2珠Sシャインが高乱数なので勝率半々くらい

 

3戦目  vsがるいさん  〇〇

○ドラパラプラスvsエルフドラパ
○ドラパラプラスvsドラパシュバルゴ

2戦とも礫弱保ビートして勝ち

 

4戦目  vsアルさん  〇××

ズルズキンラプラスvsエルフーンミロカロス
 滅びで勝ち

×キッスラプラスvsバンギサマヨール
 選出負け(ズキンを見てローブシン軸のトリル読みをした)
 加えて相手がトリルしなかったため無防備 空飛滅びになってしまいボロ負け

×ドラパラプラスvsバンギサマヨール
 不利対面だがどこかで択勝てばチャンスがあった。結果的には択全敗みたいな感じになった

 

5戦目  vsゆふこさん  ○×○

○キッスラプラスvsオーロンゲロトム
 両守→指滅びで勝ち

×キッスラプラスvsヒヒダルマロトム
 唯一キッスラプラスで受けられない出し方をされて負け

○ズキンラプラスvsヒヒダルマロトム
 猫滅びで勝ち

 

 

・パーティ詳細

 

1位  ひゅうさん

f:id:sgHe1ka:20200410233048j:plain

 

 

2位  へいか

f:id:sgHe1ka:20200406161256j:plain

 

 

3位  アルさん

f:id:sgHe1ka:20200410233738j:plain


 

 

4位  シゲルさん

f:id:sgHe1ka:20200410233800j:plain

 

 

5位  がるいさん

f:id:sgHe1ka:20200410233817j:plain

 

 

6位  ゆふこさん

f:id:sgHe1ka:20200410233841j:plain



 

 


 

 

まとめ

環境考察、立ち回りは間違えていませんでしたが、ルール上 同率の際不利(残機の関係で)になってしまう滅びを使った以上は勝ち切らないとダメでした。

大会運営的な観点だと、対戦時間が短いルールに加えて少人数だったため第1回大会ぶりに1日で感想戦まで終えるという大会になり懐かしい雰囲気を感じることができました。(あと楽)

それでは次の大会もよろしくお願いします!

 

 

 

 

てか早く記事書け代

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【INC April・May & 剣盾ダブルs4】ギガドリドラパ

お疲れ様ですへいかです。
 
今回は、長らく使用してきた構築の記事を書きました。ポケモンをサボり気味で練度が高くないこと、所詮出回っている構築の類似なため詳細には書いておりませんが、その分長くないのでサッと読んでみてください
 
主な使用実績
S4 82位(3/22)
INCApril 14-4
INCMay 9-2
調整のお手伝い
 
 

f:id:sgHe1ka:20200605200653j:plain

☆サマヨ以外色個体
個体捕獲に協力してくださった方々ありがとうございます
 
 
 
※以下常体
 
 
 
 

構築経緯

3月上旬、easywinしやすい構築を模索していた。1試合を短くし、体力の消費を抑えることによってプレイングミスによる負けを減らせるのではないかと考えたからだ。
剣盾では、ダイマックスによるものなのかプールの狭さによる全体的な種族値のせいなのか定かではないが、個人的にeasywinしにくい印象がある。
 
いくつか試したところ、ドラパサマヨの味方影討ちに、砂トリルスイッチを組み込んだギガドリドラパサマヨが使いやすいと感じ、軸として使用することにした。
 
構築完成初期はダイブバグの存在も相まってeasywinを積み重ねたが、ダイブバグの修正により勝ちづらくなると同時に1つの課題が生じる。@2に採用していたミロカロスニンフィアでは、INCFebの結果を受けて数を増やしたミロサマヨナットや、新たに解禁されたキョダイラプラスに不利をとってしまうことである。ダイブバグは先発ダイマックスをしてくる構築に対してドラテを用いて強引にターンを稼ぎ誤魔化すこともできたが、それができなくなり対策を強いられた。
そこで@2にキッスロトムを採用した。2体とも浮いているためギガドリが優秀な範囲技である地震を打ちやすく、また先月まで使用していたため強さ、立ち回りにある程度保証がついているからだ。その後、結局ナットレイ入りには安定しない、ジュラルドンが重いなどの理由で@2をミロカロス+アーマーガアや、ミロカロスナットレイに変えたりしたが、ナットレイが急増したことによって増えた炎技搭載ポケモンに窮屈さを覚えて元の形に戻った
 
 
 
 
 

個別解説

 


 

 

f:id:sgHe1ka:20200605203746p:plain

キガイアス@拘り鉢巻
191(244)-205(252)-150-x-102(12)-29※S7個体
岩雪崩/地震/馬鹿力/大爆発
 
バンギラスと比較すると、ブリムオンと対面したときに動かしやすいのではと思ったが、普通にダイサイコキョダイテンバツどちらでも痛いのでバンギラスでよいと感じている。(ダイサイコ無効にできるし一致で2種ダイマックス技打てる方が強い)
  
S    : サマヨール同速回避かつトリル下で最遅ブリムオン抜き
 
 
 

f:id:sgHe1ka:20191207175546j:plain

ドリュウズ@気合の襷  砂かき
185-187(252)-81(4)-x-85-154(252)
 
アイアンヘッド/地震/10万馬力/守る
 
 
 

f:id:sgHe1ka:20191207175820j:plain

 
ドラパルト@弱点保険  クリアボディ
191(220)-169(228)-95-x-95-187(60)
 
ドラゴンアロー/ゴーストダイブ/空を飛ぶ/守る
 
ドラテ→不意討ち→守る
不意討ちはダイマックス終了後、弱点保険に加入していれば追い風下やトリル下で想定外のダメージを入れられるが、ダイウォールが欲しいと感じることが多くなり時間稼ぎもできる守るに落ち着いた
クロバットでない理由は、バナをダイジェットで落とせないため
 
 
S    : 最速スカーフバンギ抜き
 
 
 

f:id:sgHe1ka:20200104062754j:plain

 
トゲキッス@ピントレンズ  強運
191(244)-x-148(156)-140-135-114(108)
 
マジカルシャイン/熱風/この指とまれ/サイドチェンジ
 
S    : 準速バンギ抜き
 
 

f:id:sgHe1ka:20200302041501p:plain

ロトム@オボンの実
156(244)-x-127-165(196)-127-115(68)
10万ボルト/ドロポン/悪の波動/サイドチェンジ
 
命の珠→磁石→オボンの実
この構築ではダイマックスしないことの方が多く、耐久が欲しいと感じることが増えたため上記のように遷移した
技は悪巧み使うのが下手なためこの構成。守るは欲しい
 
S    : 味方キッス+1
 

 

f:id:sgHe1ka:20200104062940j:plain

サマヨール@進化の奇石
147(252)-x-200(252)-x-151(4)-27
 
ナイトヘッド/影討ち/痛み分け/トリル
 
ナイトヘッド影討ちトリルは確定で@1は好み。
 
 
 
 

選出

選出や立ち回りは書ききれないのでここでは一例を紹介。

 

基本選出

f:id:sgHe1ka:20191207162101p:plainf:id:sgHe1ka:20200104063154p:plain@2


後発刺さってるやつから2体。ドラパルトの通りがよければ基本この先発ダイマックスを軸に考える。後発ダイマックス軸に考える場合は先発f:id:sgHe1ka:20200104063147p:plainf:id:sgHe1ka:20200302211657p:plainf:id:sgHe1ka:20191207163623p:plainから2体+@2が多い

 

vs晴れ

f:id:sgHe1ka:20191207162101p:plainf:id:sgHe1ka:20200104063154p:plain

f:id:sgHe1ka:20200605201057p:plain@1

 

vsラプラス、ミロ(アシレ)サマヨナット

f:id:sgHe1ka:20191207162101p:plainf:id:sgHe1ka:20200104063154p:plain

f:id:sgHe1ka:20200302211657p:plain@1


vsトリル
基本選出
 
vsジュラルドン

f:id:sgHe1ka:20191207162101p:plainf:id:sgHe1ka:20191207163623p:plain

f:id:sgHe1ka:20200605201057p:plain@1

 
 
 

まとめ

慣れている立ち回りができる砂パに仕上がったことで使用感はかなり良かったですが、ポケモンをサボりすぎていたため砂ミラーやアシレサマヨナットには熟練度の差が出たりなどで対応できず微妙な結果に。。 

しかし数か月間どちらかというとランクマよりフレ戦メインで行い、とても楽しめたしよい調整相手になった(と思う)ので良かったと思います。楽しければオッケーよ。

エキスパンションパスの配信も近いので、新たな構築を組んでまたがんばりたいと思いますっ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【剣盾ダブルs6】デスホルード

お疲れ様ですへいかです。

 

今回はシーズン6で使用したギミック構築の紹介です

 

 

 
 

f:id:sgHe1ka:20200511025045j:plain

現在非公開のためレンタルできません

 

※以下常体

 

 

 

構築経緯

 マイナーなポケモンを採用した構築でも組もうかと、色々考えていたときだった。1つのコンボを見つける

 

f:id:sgHe1ka:20200522012831p:plainf:id:sgHe1ka:20200522012839p:plain



デスバーン+ホルード

ホルード接触技をデスバーンに放ち、弱点保険+さまようたましい(特性交換)を発動させ攻撃ランク+2・力持ちの地震で一掃するというもの。

デスバーンは耐久が高いイメージだが攻撃種族値は95だ。これはメガクチートの100に迫る。これに加えて弱点保険が発動すれば、とんでも火力であることは理解できよう


デスバーンがS30と とても素早が遅いため、自身のトリルからスタートすることにした。しかし、ガラルダブルはレベルを下げることができないため2つの問題を抱える。

ホルードがS88と早く黒い鉄球等の素早半分アイテムを持たせても最遅デスバーンの実数値31を抜けない

・味方殴りが痛い

 

これを解決するのが

 

f:id:sgHe1ka:20200522025710p:plain

ホルビーだ。

 

嘘だ

いや、嘘ではない。解決はする。だが別の問題が2つ発生する

・全体技のぶんまわすを覚えない(草結びで起動することになるが、この指で吸われる可能性がある)

・置物

 

悩んだ結果、デスバーンの個体値をS6or7にし、ホルードを使うことにした。※両採用も考えた

これには厳選が面倒というデメリットも存在する。が、ルアボ交換会で流れてきた個体がS6だったため一瞬で厳選が終了した。(同じこと考えてるやついたか!?)

 

さて、残り4体を決めていくが、次に決めたのはこの指止まれによるサポートにで比較的安全にトリル始動を可能にするトゲキッスだ。猫だまし耐性があるイエッサン♀がベストだが、選出画面での厨パ感が無くなるのでやめた。(ギミックがバレる可能性が高まる)

 

ここまで決まったトゲキッス+デスバーン+ホルード@1の基本選出最後の枠に、以下シナジーがあるクワガノンを採用することにした

 

・デスバーンの地震に巻き込まれない

・トリルエース

ダイマックス適正もある

・デスバーンが苦手な水タイプに高打点がある

・トリル下でホルードより遅い(怒りの前歯→クワガノンの攻撃、と動ける)

 

ナットレイがいると満足に動けないため、トリルエースにもなれるコータスと、見せポケのドラパルトを入れてパーティが完成。ドラパルトにしたのはトゲキッスと同様の理由で、流行りそうなドラパキッスホルードの並びを作るためだ

 

 

 

 

個別解説

 

f:id:sgHe1ka:20191207175820j:plain
 

ドラパルト@拘り鉢巻  クリアボディ
165(12)-189(252)-96(4)-x-97(12)-191(228)

ドラゴンアロー/ドラゴンクロー/ゴーストダイブ/不意打ち

 

終盤トリルが切れた時のお掃除役になれるように鉢巻型を入れてみた。選出しません

 

↓の構築の流用

HD : 臆病エルフーンムーンフォース,
        特化ブリムオンのマジカルシャイン14/16耐え
S    : 最速インテレオン抜き抜き

 

 

f:id:sgHe1ka:20200104062754j:plain

トゲキッス@ピントレンズ  強運
191(244)-x-154(196)-141(4)-136(4)-108(60)

マジカルシャイン/熱風/この指とまれ/守る

 

熱風、火炎放射は選択

 

 

f:id:sgHe1ka:20200522012839p:plain

ホルード@パワーリスト  力持ち
191(244)-61-141(252)-x-99(12)-74  ※AS 0個体

イカサマ/ぶんまわす/怒りの前歯/守る

 

なるべく腐らない構成
HB特化だが、地震に巻き込まれると死にます

 

 

f:id:sgHe1ka:20200522030113p:plain

コータス@木炭  日照り
177(252)-x-160-150(252)-91(4)-22

熱風/噴火/ソーラービーム/守る

 

 

f:id:sgHe1ka:20200522012831p:plain

デスバーン@弱点保険  彷徨う魂
165(252)-161(252)-166(4)-x-125-38  ※S6個体

地震/シャドークロー/トリックルーム/守る

 

初手猫だまし持ちと対面したとき両守るから入れるように採用しているが、キッス→イエッサン♀てあれば岩雪崩とかでよい

 

攻撃↑↑力持ち火力目安

無振りダイマックスドラパルトに Wダメ地震が87.7~103%(ホルードのぶんまわすと合わせて確定)

味方のHBホルードに Wダメ地震が確1100.5%~(いやなんでや←意図してない)

 

 

f:id:sgHe1ka:20200522030059p:plain

クワガノン@命の珠  浮遊
184(252)-x-110-216(252)-96(4)-43  ※S0個体

10万ボルト/虫のさざめき/マッドショット/守る

 

マッドショットは追加効果優秀なダイアースになるのと、トゲデマルへの打点

 

 

 

選出

先発:f:id:sgHe1ka:20200104063147p:plainf:id:sgHe1ka:20200606112259p:plain

後発: f:id:sgHe1ka:20200606112309p:plain f:id:sgHe1ka:20200606112316p:plain


 


ナットレイ入りにはクワガノンではなくコータスを出していたが、クワガノンの珠ダイワームで9割前後削れるため出さなくてもなんとかなることが分かった

 

 

 

まとめ

 弱い。

 

理由

・選出、立ち回りともに幅がない

・少しでもギミックの妨害をされると打開しづらい


とまあ構築も欠陥だらけなのだが、1番弱いのが

 

・「さまようたましい」はどちらかがダイマックスしている場合発動しない


ということである

 
よって1度は非ダイマックス状態でデスバーンが行動しなければならない。個体解説欄でも記載したが、対ダイマックスに関しては無降りドラパルト程度のポケモンしか倒せないため、これ以上の耐久を持っているポケモンには返り討ちに合う可能性がある。

 デスバーンに打点があるポケモンダイマックスしているorダイマックスしてきた場合は「なあ、もちろんホルードの方が恐いよなあ!?」と言いながらホルード方向に攻撃が行くことを祈ります。ホルビーにしなかった理由はこれが1番大きい

ということで結果

 

ランクマッチ 9-11

(ハイパーボール級。マスターボール級に行くことを諦めました。数こなせば行けると思いますが飽きたわ)

 

フレ戦

×
×

うん雑魚だね




あれこの構築もしかして強い!?

×

4-3

 

 

 

解散

なんでこんな仕様にしたんや!